君の瞳に写りたい

「小杉さんは、いつもカメラを持ち歩いてるんですか?」

時折聞かれるこの質問。
答えはYES。
根本として写真を撮るのが好きで、もっと具体的に言えば写真で遊ぶ事が好きなので、
財布や携帯電話と同じように、撮影目的が特になくても外出時にはカメラを持って行く事がほとんどです。
なにかオモロイ事が起きるんじゃないかと。

最近はストロボを使用した遊びがマイブームな為、三脚だの何だので少々大荷物になりがちなのですが
さほど苦には感じませんね。
むしろ、せっかく色々持ってるんだから何か試してやろう、となるわけです。

例えば、夫婦で東京タワーに行きます。
まぁ、せっかくだから東京タワーと記念写真を撮ろうか、となります。
でも、普通には撮りたくないんです。何か楽しい事をしたいんです。
で、カメラバッグからストロボ機材などを取り出して、写真遊びのはじまりはじまり。

20150725a.jpg
中川にサングラスをかけてもらい、そこに東京タワーと小杉の写り込みを狙います。小杉はラジオスレーブを装着したストロボを手に持ち自分に向けます。セルフタイマーを使用しての撮影。まずはテストを兼ねてのファーストショット。今にして思えば、さりげなく撮ったこの一枚が一番良かったかも。


20150725b.jpg
ストロボの角度を変えて、中川の顔も明るくしてみる。小杉の立ち位置がどうも定まらない。


20150725c.jpg
ストロボの角度を誤り小杉が影に。後ろを通過するカップルの怪訝な視線がやや痛い。


20150725d.jpg
小杉の顔がひどすぎる。中川の指演技が腹立たしい。


20150725e.jpg
ストロボを持つ手を右手から左手に変えてみる。中川は正面からフラッシュを浴びる形に。サングラスをしているとはいえ、かなり眩しそうだ。


20150725f.jpg
もうヤメテ!中川の目は限界よ!小杉もフラフラ、もはやオデコしか写っていない。


これ以上続けると夫婦仲が険悪になりそうだったので、最後にスタンダードな記念撮影をして締めました。
今回はなかなか満足のいく写真を撮ることができませんでしたが、無駄な時間ではありません。
こうした遊びが、婚礼撮影の現場でいきてくるんです。

20150725g.jpg

Comment (-) (1)

小川 #-

スライドショーにしたいですねこれは。

2015/07/26 (Sun) 01:23 | URL | 編集 | 返信 | 
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。