写真プリントのススメ 〜特大プリント編〜

これまで多くのカップル、ご夫婦、ご家族のお写真を撮ってきました。
その都度、口酸っぱく「データだけで満足せず、是非プリントして楽しんでください!」と
写真プリントをコレデモカーと勧めてきたわけですが、ちょっと待てよと。
そういう自分は、自身の夫婦写真をどんな風にプリントして楽しんでいるのか、と。

改めて自宅を見返してみると、自分達が被写体となっている写真はほとんど飾ってないんですよね。
もう、いつ撮ったかも思い出せないくらい昔の写真が2、3枚。
いずれも2Lサイズの小さなもの。

これじゃあイカンと。
写真プリントの楽しさをしっかり伝える為には、まず自分がしっかり楽しまなければイカンと。

思い立ったが吉日。
幸い自宅にはプリントを楽しめる環境が整っているんですから、いつプリントするの? 今でしょ!

今回プリントに使用するのは、自宅設置の際家族会議に発展した特大プリンターPX9500。
婚礼のアルバム案内でも常々言っていますが、写真は大きければ大きい方が良い、というのが僕の持論。
写真の大きさと感動の大きさは比例すると思っています。

20150723a_1.jpg

このプリンター、最大でB0サイズ(1030×1456mm)まで出力できます。
どうせなら最大サイズでプリントしてやろうと思ったのですが、嫁さんに止められました。
「うちにホテルのロビーのような空間があるのか?」と。たしかに、超正論。
飾る事ができなければ本末転倒なので、今回は妥協してB1サイズ(728×1030mm)でのプリントです。

夫婦でお互いのポートレートを撮りあい、それをぞれぞれプリントしてみました。
実物大以上の大きさの自分のポートレートは圧巻の一言。
生活の中で家族の存在(自分含む)を感じすぎるくらいに感じる事ができます!

20150723a.jpg

ちょっとふざけた感じで綴ってしまいましたが、プリントの楽しさは間違いなく再確認できました。
やっぱり写真はプリントしてこそですよ、皆さん!

Comment (-) (1)

小川 #-

B1サイズを自宅の壁に飾ったらなかなかの迫力でしょうね!

2015/07/23 (Thu) 23:50 | URL | 編集 | 返信 | 
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。