身近になった写真

携帯電話にはじめてカメラが付いたのが1999年。
スマートフォンの進化とともにカメラの性能も向上し、今では携帯電話で写真を撮るのがすっかり一般的となりました。
多くの方にとって写真が身近なものになる事はとても嬉しいのですが、自分が撮る場合は便利で手軽すぎる写真のあり方にどうしても物足りなさも感じてしまいます。
家で寝かせている6×6の中判カメラをまた使いはじめようかと最近考え中。
写真機は多少手間が掛かるほうが、より楽しいんです。

20150403.jpg

Comment (-) (0)

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。