葉桜

140412_01-3.jpg

桜は相当変異種が多いらしく、だから案外長い期間私たちの目を楽しませてくれるのかな。もっとも日本では、桜と言えばソメイヨシノを指すことがほとんどだから、やはりその淡い薄桃色を連想してしまうもの。

でも、私は散った後の眩しいような新緑の葉桜も大好き。子供の頃はここから先、夏までの間が今よりはもう少し、緩やかに変化していって、川辺のメダカやオタマジャクシを見に行ったり、田んぼに水が入るのを面白そうに眺めたり、鯉のぼりがだんだん増えてゆく様に、季節の移ろいを子供なりに感じていたものだが、今は街ゆく人も四季の変化も、少し早すぎる気がする。


消費税増税にほんの僅か曇った先週だが、その負担の重さがだんだん強く感じらる様になってきた。善し悪しは別に、とにかくこの国は経済を動かさなければ成り立たない。不要不急な無駄遣いは慎むべきだが、単に蛇口を閉めれば済む問題でも無い。価値あるものへの投資。それは自分への投資。いまこそ、真剣に考えて未来に備えよう。桜は来年も再来年もずっと咲き続ける。グロテスクな変種にはならないようにしたい

Comment (-) (0)

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。