新奇探索傾向

140216_22.jpg
140216_21.jpg
140216_20.jpg

今でこそ、何かと新奇探索傾向は強い方だと自認し、それを肯定指摘にとらえている。
少し前までは、子供の頃から「熱しやすく冷めやすい」と言われ続けたせいか、新しいことの首を突っ込もうとするときに、様々に巧妙な言い訳をするのが上手な自分のそう言う部分が嫌いだった。
Summilux 1.4/35 ASPH。これを買うのに、ほとんどあまり躊躇はなかった。問題は資金だけだった。Summicron 2/35 ASPHと、ついにCONTAX RTSIIIとCarl Zeiss Distagon T*2.8/21 MMをだして、あとは少しの追い金で何とか出来る見込みがついたなら、もう誰も何も私を止めることは出来なかった。

そして、その選択は間違いではなかった。このレンズの描く超越的な絵は下取りに出した21mmの時の感動を軽々と抜き去った。精密工学製品故、当たり外れもあろうがこれは間違いなく最高だ。落下や激突のリスクの高い現場仕事で使うことは、さすがに無さそうだが記念写真などにはむしろ積極的に使うかもしれない。

Comment (-) (1)

中川 #-

シャープ!

シャープでやわらか!
たけさんの好みを詰め込んだようなレンズですね!!

2014/02/17 (Mon) 19:31 | URL | 編集 | 返信 | 
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。